債務整理 家族にバレない

家族にバレずに債務整理をすることはできる?

借金をしていることを家族にも内緒にしている人は、債務整理をすることで家族に借金がバレてしまうのではないかと不安に思っているのではないでしょうか?債務整理は家族にバレずに行うことはできるのでしょうか?

 

任意整理なら基本的に家族にバレない!

基本的に任意整理の場合であれば、弁護士から受任通知が送られた時点で貸金業者ならの取り立てや連絡はすべてストップします。交渉はすべて弁護士を介さなくてはいけないことが法律で決まっているので、職場はもちろん、家族にもバレずに任意整理をすることは可能です。

 

必要な書類も身分証明書だけなので、会社に発行してもらう書類や家族から必要になる書類や印鑑もありません。ひとつ心配なのは、弁護士との書類の郵送によるやり取りですが、弁護士側は債務整理者の秘密保持に最大限気を使ってくれるので、郵便は自宅ではなく会社に個人名で送ってくれたり、郵便局留めなどにも対応してくれます。

 

弁護士や法律事務所には「家族にバレずに任意整理をしたい」という相談が多数来ているので対応には慣れていますし、相談すればきちんと配慮して対応してくれるので安心ですよ。

 

個人再生や自己破産の場合はバレる可能性が高い

任意整理の場合は基本的に貸金業者との任意での和解契約になるので、貸金業者と弁護士しか関与しません。業者からの連絡は一切ありませんし、弁護士との連絡も気を付けていれば家族にバレることはありません。

 

一方、個人再生や自己破産の場合はどちらも裁判所が介入し、公的に借金を整理するための方法です。裁判所に出向く必要性も出てくるので、バッタリ知り合いに遭遇してしまうとバレる可能性があります。

 

また必要とされる書類の数もかなり多く、家族や配偶者の協力なしに乗り切ることが難しいケースがあります。たとえば、夫の給与明細や妻の預金通帳など、家計の収入や財産状況を証明する書類がすべて必要になります。夫や妻に内緒でこれらの書類を集めるのはなかなか大変な作業でしょう。

 

自己破産の場合は最終的に資産価値20万円を超える車や住宅などの資産もすべて放棄する必要があるので、こうなるとさすがに隠し通すのは難しいでしょう。

 

極力バレない方針で進めていくことは可能かもしれませんが、いずれ分かってしまう可能性が高いことを考えると最初から打ち明けて進めた方がスムーズに手続きを進めることができます。

 

目的は「家族にバレないこと」ではない

債務整理の方法によっては家族にバレずに借金を返済することも可能ですが、人によっては自己破産や個人再生といった方法を選ばざるを得ない場合もあります。

 

しかし、「家族にバレると困るから」という理由で債務整理を行わないのは本末転倒です。債務整理の目的はは誰かにバレないことではなく、借金の苦しみから解放されることです。

 

借金を抱えて続けていたらいずれ家族にもバレてしまいます。それどころか借金を抱えているという精神的ストレスから、仕事を失ったり、周りの人からの信頼を失う事態にも陥りかねません。そうなる前に一刻も早く借金の問題を解決しましょう。