借金返済 ブラックリスト

ブラックリストとは

よく「ブラックリストに載る」という言い方をしますが、どうなるとブラックリストに載ってしまうのでしょうか?載ってしまうとどうなるのでしょうか?

 

そもそもブラックリストという「リスト」は存在しません。
ではブラックリストと呼ばれているものの正体は何なのか。
クレジットカードやローンを組むと、顧客情報が「信用情報機関」に登録されます。しかし、一定期間以上返済が滞ったり、破産をしてしまうとその事実が事故情報として信用情報機関に登録されます。この状態を俗に「ブラックリストに載る」と表現しているのです。

 

事故情報とは

過去に返済が3回以上滞ったり、長期延滞や債務整理の手続きをすると、信用情報機関に登録されている個人信用情報の特記事項に「事故情報」として登録されます。

事故情報の内容
  • 延滞・・・約定返済日から一般的には3か月以上返済が遅れたり、3回以上延滞が滞った場合
  • 債務整理・・・個人再生、自己破産、任意整理などの手続きを行った場合
  • 代位弁済・・・契約者が返済不能な状態に陥ったことで連帯保証人などからの弁済に切り替わった場合

 

一度事故情報が登録されると一定期間情報が残ります。情報の内容によって登録期間は異なってきます。目安としては以下のようになっています。

 

遅延 1〜5年
自己破産 5〜10年
個人再生 5年
任意整理 5年
特定調停 5年
代位弁済 5年

 

 

この期間は借金が無くなってからの期間です。債務整理を開始したからと言って、返済が終わる、もしくは免責が下りてからさらにこれらの期間経たないと登録は消えないので注意しましょう。

 

個人信用情報の確認は本人でもすることができます。詳しくは各信用情報機関に問い合わせてみましょう。