自己破産 流れ

自己破産の流れ

ここでは自己破産の流れについて説明していきます。自己破産の手続きには資産や借金の状況により、「同時廃止」「少額管財」の2種類が用意されています。

 

同時廃止

同時廃止とは、債務者に高額な財産(20万円を超える財産)が無くかつ免責についても破産管財人が調査をする必要がない場合に、破産手続き開始決定と同時に破産手続きを終了し、免責手続きだけを行う簡単な手続きのこと。

 

少額管財

少額管財とは、債務者に高額な財産(20万円を超える財産)がある場合や免責不許可事由がある場合に、破産管財人が財産や免責不許可事由の有無を調査する手続きのこと。

 

具体的な流れ

 

弁護士・司法書士が債権者に受任通知を発送

 

依頼されると弁護士・司法書士は受任通知書を債権者に郵送します。この受任通知書を郵送することによって、債権者は取り立てや請求と言った督促行為ができなくなります。

自己破産申し立て書作成と裁判所への自己破産申し立て

 

依頼した弁護士・司法書士が申し立て書類を作成し、裁判所へ自己破産の申し立てを行います。

破産の審尋

 

申し立てした内容について、裁判官から質問されます。何故返済ができなくなったか、借金ができた理由などについて聞かれます。

破産手続き開始

 

換価するほどの財産があれば破産管財人が選任されて管財事件、なければ同時廃止となります。

 

同時廃止の場合は3か月〜半年ほどで手続きが終了し、債務の支払いが免除され、官報に名前と住所が載ることになります。

 

また管財事件の場合はおよそ半年〜1年ほどかかります。破産管財人によって財産を管理・処分され、債権者集会が行われます。その後それぞれの債権者に配当され、破産手続きが終了します。