借金返済 自己破産

自己破産とは

自己破産とは、任意整理、個人再生を行ったとしてもまだ返すことができないほどの多くの借金を抱えている場合、地方裁判所に破産を申し立てて借金を帳消しにすることができる債務整理の方法のひとつです。

 

車や住宅など一定の財産を手放す必要はありますが、自己破産を行うことで多重債務の苦しさから逃れることはできます。自己破産は多重債務に陥った人々を救うために国が作った救済法ですので、困った時には利用しましょう。

 

自己破産をすると、選挙権がなくなる、戸籍に傷がつく、年金がもらえない、会社をクビになるなどの憶測がありますが、それらは全て嘘です。一定の財産は手放さなくてはなりませんが、自己破産は再スタートのための手続きなので、生活に最低限必要なものは保護され、財産がほとんどない自己破産の場合はすぐに手続も終わります。

 

また、自己破産後に取得した財産に関しては自己破産の影響も受けることもありません。

 

地方裁判所に破産を申し立てると破産開始決定が出ます。自己破産をする人の多くは資産を持たないため、破産開始決定と同時に破産手続きが終了します。これを同時廃止と言います。

 

破産ができるのは「支払い不能」となった場合です。支払い不能というのは、債務者の負債の額、収入、資産などの状況から総合的に判断されます。