過払い金返還請求 メリット デメリット

過払い金返還請求のメリット・デメリット

過払い金返還請求のメリット・デメリットとしてはどんなものがあるのでしょうか。こちらで確認していきましょう。

 

過払い金返還請求のメリット

過払い金返還請求のメリットとしては下記のようなものが挙げられます。

 

  • 裁判所を通さずに弁護士・司法書士が貸金業者と交渉をするため、負担が軽く、周囲に知られることなく手続きができる。
  • 完済された過払い金返還請求はブラックリストに登録されない。
  • 過払い金返還請求をすることで、払い過ぎた利息が返ってくる可能性がある。
  • 完済から10年以内であれば過払い金返還請求をすることができる。

 

過払い金返還請求のデメリット

逆に過払い金返還請求のデメリットとしては下記のようなものが挙げられます。

 

  • 過払い金返還請求をすると、今後二度とその賃金業者からは借入ができなくなる可能性がある。
  • 賃金業者が倒産してしまった場合は返還される過払い金が大幅に減額されることがある。

 

また過払い金返還請求は法定金利内での借り入れの場合は請求権がありません。契約した金利が15〜20%を超えていなければそもそも過払い金は発生しないのです。そのため、ここ最近の消費者金融との契約や銀行のローンでは過払い金が無いことも多いのです。

 

逆に、クレジットカードのキャッシングでも、少し前の借り入れであれば過払いの状態も多くあります。その際、クレジットカード会社によってはカードが使えなくなってしまうこともあるようなので注意が必要です。

 

過払い金が発生するかどうかは、弁護士や司法書士に依頼して調べてもらいましょう。