過払い金返還請求 流れ

過払い金返還請求の流れ

ここでは過払い金返還請求の流れについて説明していきます。

 

弁護士・司法書士が債権者に受任通知を発送

 

依頼されると弁護士・司法書士は受任通知書を債権者に郵送します。債務が残っていた場合、受任通知が債権者に到着すると取り立てがストップします。

取引履歴の請求・入手

 

弁護士・司法書士から債権者に借金と返済の取引履歴が請求されます。

利息制限法に基づく法定金利への引き直し計算

 

取引履歴が弁護士・司法書士に届くと、利息制限法に基づいて再計算され、過払い金の請求金額を算出します。

専門家と金融機関の間で交渉

 

過払い金請求金額を元に弁護士・司法書士が債権者と交渉します。交渉が決裂すると裁判になる場合もあります。

合意・和解書作成

 

返金に関して合意ができると、弁護士・司法書士と債権者との間で和解合意書が作成されます。裁判になった場合も数回の口頭弁論の後、和解する場合がほとんどですが、まれに判決になるケースもあるようです。

過払い金の取戻し

 

業者から過払い金が振り込まれます。通常は弁護士・司法書士に一度振り込まれ、他業者に対する債務の清算後、依頼者に振り込まれます。