借金返済 過払い金返還請求

過払い金返還請求とは

過払い金とは、金融業者に返し過ぎたお金のことです。サラ金などは法律で決まっている以上の金利を超えた利息でお金を貸していることがあります。その時払った利息と、利息制限法で定められた利息との差額は、本来であれば払う必要のなかったお金です。

 

その払ってしまったお金を取り戻す方法が過払い金返還請求です。過払い金は消費者金融、サラ金などの賃金業者が定める利率と、利息制限法の利率に差があるため発生します。

 

賃金業者がこれまで定めてきた利率の多くは29.2%という高金利。これは出資法で決まっている上限利息です。これを超えて貸付すると刑事事件に問われるので、賃金業者は出資法の上限すれすれは守っているのです。利息制限法の上限利率は越えても刑事事件には問われません。

 

利息上限法の上限利率は10万円未満で20%、100万円未満で18%、100万円以上で15%と決められています。法律では利息上限法を超えた利息分は払わなくて良いということになるので、出資法と利息上限法の上限利率の差額分を計算すると過払い金が発生します。これを「引き直し計算」と言います。長期にわたって過払いが続いた結果、とっくに返済が終わっていたのに返済を続けていた、ということもあります。

 

利息制限法と出資法の利率との間に生じる差の部分を一般的にグレーゾーン金利と呼ばれています。2010年にはグレーゾーン金利廃止の法律が施行される予定ですが、それまでに支払った過払い金は存在するので、請求することができます。また消費者金融や賃金業者だけでなく、信販会社が発行しているクレジットカードのキャッシングも思っている以上に高金利です。これらももちろん過払い金請求の対象になります。