過払い金 調べ方

過払い金があるかどうか調べるには?

現在借金の返済に追われている人や、過去に借金をしていてすでに完済している人の中には、もしかしたら過払い金があるかもしれません。

 

過払い金は本来払う必要のない利息なので、返還してもらう権利があります。とはいえ、金融業者側は過払いが発生している人にわざわざ教えてくれたりはしません。過払い金があるか確かめるには、自分が計算して確認するか、弁護士や司法書士に依頼して計算してもらうしかありません。

 

過払い金とは?

2010年6月に貸金業法が改正されるまで、消費者金融やクレジット会社の多くは、出資法に基づいた金利で貸し出しを行っていました。

 

しかし多重債務が社会問題化し、法律が改正されたことによって現在では利息制限法での算出が義務付けられています。

 

過払い金とは、法改正以前の利率で支払った利息を、利息制限法に基づいた利率で再計算した場合の払い過ぎた金利のことを指しています。少し前にま一時期過払い金請求のブームが起こり、多くの借主が払い過ぎた金利を取り戻していました。

 

過払い金があるか調べるには?

過払い金の有無を調べるためには、利息制限法に則った制限利率で引き直し計算をしなければなりません。そのためにも「いついくら借りて、いついくら返した」という取引の履歴を全て取り寄せる必要があります。

 

消費者金融や信販会社は貸金業者と呼ばれますが、貸金業者は利用者からの取引履歴の開示要求に答える義務があります。開示する義務はありますが、引き延ばしたり、全ての取引内容を送ってこないこともあります。

 

最もいい方法は弁護士や司法書士と言った専門家に頼んで要求してもらうことです。プロが間に入ることでスムーズに手続きが行えることも多いのです。

 

取引履歴が揃ったら、利息制限法の制限利率で引き直し計算をします。計算するには知識が必要となるので、勉強しないと難しいかもしれません。引き直し計算用のソフトもありますが、素人だとどうしても計算間違いが起きてしまうので、やはりプロに任せてしまった方が良いでしょう。