債務整理 期間

債務整理にかかる時間

実際に債務整理をするとどれくらいの期間がかかるのでしょうか?

 

まず、相談から依頼するまでなら、依頼者と弁護士の予定が合えば即日でも可能です。相談では取引内容や債務額などについて説明がされるので、約1時間程度みておくといいでしょう。

 

では、それぞれの方針で債務整理を進めるとどのくらいの期間がかかるのでしょうか?

 

任意整理の場合

任意整理の場合、依頼してから返済開始までは一般的には3ヶ月程度と言われています。そこから返済は3〜5年となります。なおこれらはあくまで目安となりますので、金融会社がすぐに応じてくれればもっと早く終わる場合もありますし、なかなか応じてくれないところがあるともっとかかる場合もあります。裁判になる場合は6か月〜1年かかることもあります。

 

特定調停の場合

特定調停は裁判所に申立を行い、調停委員に間に入ってもらって和解を行います。期間は3〜6か月ほどとなります。そこから返済に3〜5年ほどかかります。

 

他の債務整理と比較すると書類作成などの手間は少ないので自分で行うこともできますが、手間と時間がかかります。

 

個人再生の場合

個人再生の場合は、実際に申立てをしてから再生計画認可決定が下りて支払いが開始されるまでに8ヶ月ほどかかります。返済は3〜5年となります。

 

自己破産の場合

自己破産手続きには同時廃止手続きと管財手続きがあります。

 

同時廃止手続きなら通常3ヶ月程度で終わりますが、管財手続きの場合は半年以上かかることが多いです。同時廃止になるか管財事件になるかは、その自己破産者に一定以上の財産があるかどうかが基準になります。

 

 

いずれにしてもある程度の時間がかかることなので、債務整理を行うならなるべく早く始めることをおすすめします。