個人再生 メリット デメリット

個人再生のメリット・デメリット

個人再生のメリット・デメリットとしてはどんなものがあるのでしょうか。こちらで確認していきましょう。

 

個人再生のメリット

個人再生のメリットとしては下記のようなものが挙げられます。

 

  • 自宅や車を手放さなくて済む。
  • 債務が原則5分の1に減額される。(ただし最低返済額は100万円)
  • 自己破産のような資格制限がない。
  • 弁護士・司法書士に個人再生の依頼をすることですぐに請求が止まる。

 

個人再生のデメリット

逆に個人再生のデメリットとしては下記のようなものが挙げられます。

 

  • 約5〜7年間ブラックリストに載るため、その間借り入れができなくなる。
  • 住所氏名が官報に掲載される。
  • 自己破産と違い、返済を継続できる収入がないと手続きが不可能となる。
  • 任意整理のように一部の債権者を除外するということができない。
  • 手続きが複雑なため、手間と時間がかかる。

 

車や自宅を手放したくないから個人再生を選択したいと思う人は多いかと思いますが、収入面などによっては個人再生を選択することが難しい場合もあります。

 

不明な点や不安なことがある場合は弁護士・司法書士と相談して手続きを進めていきましょう。