借金返済 個人再生

個人再生とは

個人再生とは、任意整理で引き直し計算を行ってもまだ返せない額の借金が残っている場合でも自己破産はしたくない人、または住宅ローンの返済に困った時に住宅を手放さずに生活を再建できる債務整理の方法です。地方裁判所に申し立てをすることで再生計画ができるので、弁護士に相談することでいち早く解決することができます。

 

個人再生の特徴は何と言っても住宅を手放さずに生活を再建できるということです。住宅ローン付きの住宅を手放したくない場合、住宅ローン以外の借金が減額し、以後の利息もカットされます。

 

一般的に住宅ローンを除いた借金総額の5分の1(最低100万円以上)を原則3年間で返済することになります。借金総額が1,500〜3,000万円の場合は300万円、3,000〜5,000万円の場合はその10分の1を返済することになりますが、財産の額により総返済額は異なります。

 

住宅ローンを除いた借金が大幅に減額するのが個人再生の最大の利点です。

 

個人再生の決定が下りた後、何らかの理由で返済が困難になる可能性も少なからずあると思います。個人再生の返済中に給料の減額などの理由で収入が減額し、計画通りの返済が不可能になった場合は再生計画の変更をすることができます。

 

このようになった場合はまず弁護士や司法書士に相談してみてください。再生計画を最長で2年延長することができます。ただし個人再生の手続きで決定した返済額を変更することはできません。