任意整理 メリット デメリット

任意整理のメリット・デメリット

任意整理のメリット・デメリットとしてはどんなものがあるのでしょうか。こちらで確認していきましょう。

 

任意整理のメリット

任意整理のメリットとしては下記のようなものが挙げられます。

 

  • 裁判所を通さないで弁護士・司法書士に債権者と和解をするため債務者の負担は最も軽い。
  • 弁護士・司法書士に任意整理の依頼をすることですぐに請求が止まる。
  • 原則として手続き完了後の将来利息が免除されるので完済が早まる。
  • 自己破産や個人再生のように官報に掲載されることがないので第三者に知られることはない。
  • 自己破産のような資格制限がない。
  • 自由度が高い手続きのため一部の債権者だけ整理するというようなことも可能。
  • 利息制限法の計算により債務総額が減少する。また過払い金が発生していた場合は回収できることもある。

 

任意整理のデメリット

逆に任意整理のデメリットとしては下記のようなものが挙げられます。

 

  • 個人信用情報に記録が残る(ブラックリストに載る)ため今後5年間借り入れができなくなる。
  • 自己破産や個人再生と比較すると債務を減額させる効果があまり高くない。
  • 強硬な債権者だと稀に和解が成立しないことがある。

 

債務整理の方針については、本人の意思だけでなく借金総額や収入額によってどういった方法を取ることができるかが決まってきます。不明な点や不安なことがある場合は弁護士・司法書士と相談して手続きを進めていきましょう。