借金返済 任意整理

任意整理とは

任意整理とは、その名の通り「任意で借金を整理すること」です。裁判所などの公的機関を通さず、債務者と債権者の間で利息や毎月の支払いを減らしてもらえるよう交渉して、借金額を圧縮することです。現状の返済額では無理があるが、これから先収入もあり借金を返していきたいと考える人には最適な借金の整理方法です。

 

話し合いで借金を減額してもらえるのは何故かと言うと、それは「利息制限法」と「出資法」という2つの法律が大きく関係しています。

 

利息制限法とは利息の上限を定めた法律で、10万円未満なら20%、100万円未満なら18%、100万円以上なら15%と決まっています。これに対して出資法では29.2%の利息が上限となっています。大抵の金融業者は出資法を基準にしています。

 

2つの法律の上限利息には最大14.2%の差があります。これを利用して商売をしているのが金融業者なのですが、ほとんどの人はこのことを知りません。そのため契約を交わしたとは言え、本当は支払わなくてもいい余計な利息まで払っているのです。

 

任意整理はこの差額を計算して今まで払い過ぎていた金額を元金返済に充て、残りの残金を無理のない返済計画で分割して支払っていこうというものなのです。