借金返済 債務整理

債務整理をするとどうなる?

債務整理をすれば借金を減らす・無くすことはできますが、実際債務整理の手続きを行うとどういった変化があるのでしょうか?

 

まず、債務整理の手続きが始まって債権者に受任通知が届くと、取り立てがなくなり、返済も一旦ストップします。これまで悩みの種だった頻繁な催促や取り立てが止まるので、精神的負担が軽くなるでしょう。

 

債務整理の目標を達成するまでは、これから先のことを考えて生活を設計し直していく期間と言えます。借金返済で沈んでいた心も晴れ、活気を取り戻すことができるでしょう。気持ちが落ち着いたら生活や家族、仕事、お金の使い方などを整理して、再出発に向けて準備しましょう。

 

債務整理後は、5〜7年くらいの期間は、自分名義での融資を受けることができなくなります。

 

債務整理を行うと、信用情報機関に事故情報が登録され、俗に言う「ブラックリストに載る」と言う状態になります。この情報が残るのは各信用情報機関、債務整理の方針によって異なりますが、おおよその目安は下記のようになっています。

 

事故情報登録機関
  • 自己破産・・・5〜10年
  • 個人再生・・・5年
  • 任意整理・・・5年
  • 特定調停・・・5年

 

注意しなければならないのはこれらの期間は完済・破産免責からの年数ということです。信用情報機関の閲覧は本人も行えます。気になる場合は確認してみても良いでしょう。

 

事故情報が残っている間は新たにカードローンを組んだり、クレジットカードを作ることは出来なくなります。とは言え借金は清算されていますので、ずっと続いていた返済の心配もなくなり、再出発することができるのです。また、やっとの思いで借金を整理したのですから、また同じ失敗を繰り返さないようにお金の管理には慎重になりましょう。