債務整理 生活保護

生活保護を受けている人は債務整理できる?

生活が苦しく、生活保護を受けている人もいると思いますが、生活保護を受けている人でも債務整理をすることはできるのでしょうか?

 

生活保護の給付を受けている場合でも借金がなくなるわけではありません。そのため、何らかの債務整理をしなければならない場合もあるでしょう。生活保護を受給中だけれど、少しでも返済したいので任意整理をしたいという人も少なからずいます。

 

法律上は、生活保護の給付金の用途に制限はないので、任意整理をして借金の返済をしても法律上は問題ありません。明らかに生活保護の趣旨に反するような使用以外は原則として用途は自由なので、受給金の一部を返済金額に充てることも法律上は許されます。つまり、生活保護を受給中でも任意整理は可能なのです。

 

ただし、役所の生活保護課などの職員の中には、「生活保護は生活を安定させるために特別に支払われる金銭なので、借金に返済に充てるようなことは許されない」と考える人もいるようです。そのため役所によっては借金の返済に充てているとバレると受給を停止手れる恐れがあります。

 

役所がこのような判断をする背景には国民感情があります。国民の多くは、自分たちが納めた税金に頼って、障害もなく、健康なのにもかかわらず働かずに生活保護を受給して暮らそうという人たちに否定的です。ましてや税金を使って支給される生活保護で、自分の個人的な借金の返済をするという行為に対しては、たとえ法律上問題がなくても許せなと言う人も少なくありません。

 

このような民意を反映してか、借金があることが分かったり、借金の返済に充てていることが分かった場合は、生活保護の需給を停止したり申請を却下するケースが多くなっています。

 

こうした理由から、自己破産が難しいというような特別な場合を除いては、生活保護を受給中に任意整理をすることはおすすめできません。生活保護を受給中の場合は、基本的には自己破産をするのがおすすめです。

 

なお、自己破産をしたからと言って生活保護や失業保険まで差し押さえられたり、支給がストップしてしまうということはないので安心してください。

 

変に任意整理や個人再生をして生活保護の受給金から借金を返済しようとしたりするよりも、自己破産してゼロから経済生活を再建させる努力をした方が建設的ですよ。

 

債務整理中に生活保護は受けられる?

債務整理中の場合は、生活保護を受けられるケースと受けられないケースがあります。例えば、借金のために生活保護を受けようとしても受けることはできません。任意整理で借金を返済中であっても申請をすることはできますが、受給はほぼできません。

 

借金を返済中の人にお金を渡すということは、その人の借金返済を手伝っていることになります。生活保護のお金は国民が納めている税金から支払われます。自分が一生懸命働いて納めた税金が退任の借金返済に使われている、というのを快く思う人はいないでしょう。そうした理由から、借金返済中の人は生活保護の申請が通りにくいのです。

 

債務整理中でも生活保護が受けられるケースとしては、自己破産をした場合が挙げられます。自己破産をして借金は免除になったけれどその後の生活の当てがないという場合もあるでしょう。また、自己破産をするのにも費用は掛かります。その費用の捻出するのも大変だという場合は、生活保護を利用するという方法もあります。

 

自己破産をすると生活保護を受けられないと思っている人もいるかもしれませんが、この2つは全く無関係なので生活保護を受けることはできます。生活が困窮しているような状態であれば、自己破産の申請手続きと生活保護の申請手続きを同時に行うことで、より許可が出やすい傾向にあります。

 

ただし、自己破産しても全ての借金が免責となっていないなどの場合は生活保護を受けられないこともあるので注意が必要です。