借金返済 信用情報機関

信用情報機関とは

信用情報機関とは、信用個人情報の収集および提供を行う機関のことです。

 

信用情報機関では信用情報の収集および加盟団体への提供を行っています。銀行やクレジットカード会社、消費者金融等、銀行業や賃金業を営む会社は、例えば銀行であれば全国銀行協会(全銀協)というように各々業界団体を組織しています。信用情報機関はそれらが母体となって運営されています。

 

日本では個人に関する信用情報機関は全国銀行個人信用情報センター(KSC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、株式会社日本信用情報機構(JICC)があります。また事業者に関する信用情報機関に株式会社ジェイビックがあります。

 

信用情報機関の種類

金融機関は主に「銀行」「消費者金融」「信販会社」に分類されます。この業態により加盟する機関が異なります。

全国銀行個人信用情報センター

全国銀行個人信用情報センター(略称KSC)は銀行・信用金庫・信用組合・農協系の信用情報機関です。

株式会社シー・アイ・シー

株式会社シー・アイ・シー(略称CIC)は信販会社の信用情報機関です。

株式会社日本信用情報機構

株式会社日本信用情報機構(略称JICC)は消費者金融系の信用情報機関です。

 

信用情報機関に登録される内容

信用情報機関に登録される情報は以下のようになっています。

登録される利用者の個人情報
  • 氏名
  • 生年月日
  • 自宅住所・自宅電話番号
  • 勤務先名・勤務先住所・勤務先電話番号
登録される利用者の借入情報
  • 契約商品情報(契約先名・利用限度額など)
  • 契約日
  • 借入金額
  • 支払い形態
  • 返済回数
  • 支払い残高
  • 次回返済日
登録される利用者の事故情報もしくは異動情報
  • 長期延滞(主に3か月以上)
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産

 

この事故情報というのが俗に言うブラックリストというものです。なお、個人再生や自己破産の情報は官報に掲載されている情報を信用情報機関が独自に収集しているそうです。

 

業態によって加盟する機関は異なりますが、多くの金融会社が複数の信用情報機関に加盟しています。そのため業態に関係なく情報交換がされているようです。