債務整理 専業主婦

専業主婦でも債務整理はできる?

家計のやりくりが苦しくて、生活費の足しにと旦那さんに内緒で借金をして多重債務に陥ってしまったという主婦の方も少なくありません。また、専業主婦の場合は働いていないため、独身時代からのローンが残っていたり、自分の欲しいものを買うためにカードローンを利用してしまったことがあるかもしれません。

 

収入がない専業主婦の場合、債務整理をすることはできるのでしょうか?

 

任意整理はできる?

旦那さんにもバレずに債務整理をしたいと思っている人は多いと思いますが、極力家族や知り合いにバレずに債務整理をするなら任意整理という方法を選ぶことになります。

 

任意整理は他の債務整理の手段と比べても時間や手間も一番短く済む方法であり、弁護士や司法書士に手続きを依頼すれば借金の取り立てがストップするので家族に迷惑がかかることを避けることができます。

 

任意整理をすると、法律を超えて支払った利息の分の借金が減額されたり、将来分の利息がカットされて全体の返済額を減額することができます。こうして減額できた借金を概ね3〜5年に分割して支払っていくことになります。

 

しかし、収入のない専業主婦の場合は残りの借金を返済するのが困難です。旦那さんの収入を当てにしたり、両親などに代わりに支払ってもらえれば問題なく返済できるかもしれませんが、離婚や親の死亡などによって関係が悪化した場合は支払ができなくなるというリスクがあります。そうなると最終的には自己破産をせざるを得なくなるかもしれません。

 

こうしたリスクを考えると、どうしても任意整理をしたい場合は主婦でもパートに出るなどして自分で稼げる状態を作っておいた方がいいでしょう。

 

自己破産なら収入がゼロでも可能

収入のない専業主婦の場合でも自己破産をすることは可能です。専業主婦が自己破産をする時はには、以下のポイントが重要になります。

 

  • 自分名義の財産を持っていないか
  • 夫の収入証明等の書類を入手することができるか
  • 弁護士とのやり取りなどで一人で動ける時間はあるか

 

まず、自分名義の財産を持っているかどうかを確認してみましょう。もしも自宅が自分名義の場合は、一緒に住んでいる家族も家を失うことになります。その他にも、マイカーなども自分の財産になっているかどうか確認しましょう。自分に全く財産がない場合は、家族に迷惑をかけずに自己破産をすることは可能です。

 

しかし、全く仕事をしていない専業主婦の場合には、夫の収入も確認したうえで自己破産をしなければいけません。家計を共にしている夫の収入に関する証明書なども提出しなければならないので、できるだけ旦那さんに相談した方が良いでしょう。

 

もしも旦那さんに知られずに書類を用意できる場合は専業主婦でも知られずに自己破産することは可能ですが、家族の信頼や、今後何かローンを組むときにバレてしまうことを考えると早めに打ち明けた方が良いでしょう。

 

自己破産の手続きの際にはさまざまな書類や話し合いなども必要になってくるため、電話連絡があったり自宅に書類が送付されることもあります。もし封筒を見られてしまうとバレる可能性があるので、注意しましょう。弁護士とのやり取りをメールだけにしてもらったり、郵便物は局留めにしてもらうなど、弁護士側にも協力してもらうことが必要になります。

 

自己破産にはデメリットもたくさんあります。本当に自分にとって自己破産が最善策なのか、弁護士や司法書士にじっくり相談して慎重に判断してくださいね。

 

専業主婦は個人再生はできない

専業主婦の場合、任意整理と自己破産はできますが、個人再生はできません。

 

個人再生は将来的にも継続的な収入が見込める人のみが利用でき、再生のための返済計画を立てて、減額された債務を3年から5年で返済しなければなりません。そのため、定職に就いていないと利用できないのです。

 

他の債務整理の方法を選ぶか、家族に借金のことを打ち明けて相談してみることをおすすめします。