借金返済 特定調停

特定調停の流れ

ここでは特定調停の流れについて説明していきます。

 

申立書類を作成する

 

特定調停申立書・関係権利者一覧表・財産の状況を示す明細書などの必要書類を作成します。

特定調停の申し立てをする

 

原則として相手方である債権者の所在地の管轄の簡易裁判所に申し立てをします。

 

申し立てをされると裁判所は債権者に通知書を送り、これまでの借入・返済の記録の開示を求めます。これより債権者は債務者に取り立てや請求をすることが禁止されます。

調停委員が選出される

 

簡易裁判所により調停委員が選出されます。調停委員には多くの場合弁護士や有識者が選ばれます。

申し立て本人と債権者との協議が行われる

 

調停成立に向け、申し立て本人と債権者との間で協議が行われます。そのため申立人本人は特定調停の手続き期間中は何度か裁判所へ出向くことになります。

債権者との交渉・調停成立

 

各債権者と交渉を行います。同意があると無事和解が成立します。その場合、依頼者はその和解案に基づいて返済を始めます。

 

しかし債権者の中には和解案に同意しないものもいます。そのような場合はもう和解案を検討し、同意してくれるよう交渉します。交渉が成立すると裁判所によって調停調書が作成されます。

返済を開始する

 

調停が成立すると、調停調書に沿って返済を開始します。